真の真理学

  • 2021年06月13日
  • カテゴリ:真我

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
下記のバナー2つをそれぞれクリックすることで、素晴らしい自分に気づかれる方が増えます。
下記のバナーを今すぐクリック!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

 

ブログは朝(7時37分)にUPします。次回は6月15日(火)です。

 

Q.夢見る前のほうが良い世界だった。

 

佐藤康行

それはどういう世界かはあれだけど、良い悪いってのも、ご自分が決めている良い悪いなの。

 

だから、もしかしたら反対かもしれない。

 

自分が良いと思っていたのがあまり良くなくて、悪いと思っていることが良いことの可能性もあるわけ。

 

その価値観が変わると。先ほどのドロボーとサンタさんの例でいったら、ドロボーが人の家に行って捕まっちゃったと。

 

人がいて捕まっちゃったと。それは、人生では良いことなの。その場では悪いこと。でしょ。

 

その場では悪いことですね。でも人生全体からみると、その人はそこで捕まって刑務所入って良かった。

 

まあそういう、人生全体と街全体で考えると違ってくるわけです。

 

街全体で考えても捕まったら良いことでしょ。街全体で。まあそういうこと。

 

そういうことってのはあるわけ。

 

私は心の専門家としてやっているけど、でも正しく言うなら心の専門家っていうのはあまり私には似合ってないなとも思っている。

 

やっぱり真我の専門家なの。

 

心は色んな、心理学とか色々あるじゃないですか。それじゃないわけ。

 

その心を全部変えちゃう。全部変えちゃうんだから。心理学じゃないわけ。

 

その心理が全部変わっちゃうから。

 

敢えて言うなら、心の心理学じゃなくて、真の真理学といってもいい。

 

まあそういうことです。はい、ありがとうございます。